紅白の司会に内村光良が抜擢される!安室奈美恵が関わる衝撃の裏事情とは…?【動画あり】

紅白の司会に内村光良が抜擢される!安室奈美恵が関わる衝撃の裏事情とは…?【動画あり】

紅白歌合戦とは

大晦日と言えば紅白歌合戦という方は多いでしょう。
しかし考えてみると、「そもそもいつから始まったの?」「どんな歴史があるの?」と知らないこともたくさんあるのではないでしょうか。

紅白歌合戦は1951(昭和26)年に、正月番組としてラジオで放送されたのが第一回目となっています。
その際は紅白それぞれ7組の登場、さらに1時間の放送という、今とは大きく異なる短いものでした。
しかし好評だったことで出場歌手や放送時間が増え、第四回目からは今のようにテレビでの放送が大晦日にされるようになりました。

大晦日の放送となった理由ですが、当時年末年始は大きな会場が大晦日にしか開いていなかったからのようです。
テレビのカラー放送が始まったことも相まって、様々な演出や華やかな衣装・セットなど、視覚で楽しめる要素がたくさん詰まった番組になっていきました。

1970~1980年代は70%を超える視聴率を誇っていたというので、どれだけ国民に愛されていた番組だったのかがわかりますよね。

現在でも、その年に話題になったり活躍した人が歌手や審査員として出演したり、時には様々な場所から中継を行なってお茶の間に歌を届けたり、どの世代からも愛される話題性たっぷりの番組であることは変わりありません。

お茶の間審査、ワンセグ投票など、時代とともに進化を遂げている点もたくさんあるのです。
今後、紅白歌合戦がどのような番組として私たちを楽しませてくれるのかが楽しみでもありますね。


 


     よく読まれている記事